MacにRuby3.1をインストールする。

MacでRubyのインストールを行った記事です。ターミナルというソフトを使って作業を行うので文字を打ち込みながらセットアップしていきました。

この記事は以下の機種で試しています。
MacBook Pro 2020

MacBookにはすでにRubyがインストールされている。

MacBookには、なにもしなくてもRubyがインストールされています。ターミナルを起動し、以下のコマンドを打つことでインストールされているRubyのバージョンを確認することができます。

% /usr/bin/ruby -v

ruby 2.6.8p205 (2021-07-07 revision 67951) [universal.x86_64-darwin21]

Rubyの基本的な文法は、バージョン2.6でも学習することはできます。このまま始めても良いのですが、どうせなら最新バージョンを使いたい!という欲望があったので、インストール作業から始めることにしました。2022年現在Rubyの最新バージョンは3.1です。これをインストールすることにしました。

Homebrewとrbenv

プログラマ版のAppleStoreみたいなものがHomebrew。

たくさんのRubyバージョンをインストールして切り替えながら使うことができるrbenv。

今回はこの2つをインストールすることにしました。rbenvをインストールするにはHomebrewが必要なのでまずはこちらから。

Homebrewのインストール

brew.sh

公式サイトに手順が載っていますが、こちらのコードをターミナル上にコピペするだけでインストールは完了します。

% /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

rbenvのインストール

つづいてrbenvのインストールです。こちらはrbenvのREADMEを読みながら進めていきます。

github.com

手順が少し長いので、メモを残して置きます。

rbenvのインストール

# インストールする
brew install rbenv
brew install ruby-build

# 一応最新版に更新をしてみる。
brew upgrade rbenv ruby-build       

Macログイン時にrbenvが使えるようにする。

#vimはテキスト編集を行うソフト。テキストエディタといいます。
% vim ~/.zshrc

--- ここから.zshrcというファイルの中身です。

# に以下を記述する。場所はどこでもいいけど、最終行に追記した。
eval "$(rbenv init -)"

--- ここまで

# このコマンドを実行すると、.zshrcに追記した内容が反映されるらしい。
% source .zshrc 

rbenvでRubyをインストールする。

# rbenvというコマンドが使えるようになっているはず。
# ダメだったら新しいターミナルを立ち上げる。
% rbenv -v
rbenv 1.2.0

# インストールできるRubyのバージョン一覧。めっちゃ出てくる。
% rbenv install --list-all

# Rubyをインストール。コーヒー休憩でもしながら気長に待ちます。
% rbenv install 3.1.2

インストールしたRubyを使えるようにする。

# インストールしたRubyたちを一覧で表示する。
% rbenv versions 
*  system
  3.1.2

# 使いたいRubyのバージョンを以下のコマンドで変更します。
% rbenv global 3.1.2

# このコマンドを呼ぶと確定、反映されるようです。
% rbenv rehash

# もう一度確認すると、*が3.1.2を指しているはず。
% rbenv versions
  system
*  3.1.2

# この状態でRubyのコマンドを使って最終確認できればインストール完了!
% ruby -v
ruby 3.1.2p20 (2022-04-12 revision 4491bb740a) [x86_64-darwin21]